Cafe Paradiso

~カフェでの雑談のように~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* Category : スポンサー広告

罪と罰

今、ドストエフスキーの『罪と罰』を再読しているのだが、「こんなに読みやすい本だっただろうか?」と少し不思議に感じた。

『罪と罰』を読んだのは学生時代で、ドストエフスキーの長編小説も一つぐらい読んではおかないと…と言うのが動機だったのではないかと思う。
時は流れ、ふとした拍子にもう一度じっくり読みたいと思ってダンボールに詰めている文庫本を探しても出てこない。
結果的には、仕方無しに図書館で借りたのが良かったのかもしれない。

かつて読んだのは岩波文庫のものだったはずで、今回は光文社古典新訳文庫のもので亀山郁夫氏のよる翻訳もの。
文庫本にしては字が少し大きめで文章も読みやすく、あれよあれよといううちに最終巻である3巻を読んでいる。

調べると、同じ出版社から同じ亀山郁夫氏による翻訳の『カラマーゾフの兄弟』も発行されてるではないか。
この『カラマーゾフの兄弟』は途中で放棄してしまった小説ではあるが、この文庫のものなら読破できるかも!

名作古典と言うものは、時を越えて多くの読者に吟味され残ってきたもの…
やはりそれなりの読むべき価値はあるものだと思う。
このように新しい訳で読みやすくなったものなら、もっと身近になるのかもしれない。

* Category : 文学

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント








管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。