Cafe Paradiso

~カフェでの雑談のように~

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

* Category : スポンサー広告

洋楽…

その経緯はまた別の機会に書きたいと思いますが、ボクが本格的に洋楽を聴き始めたのは中学生の頃で'80年代半ば。
それ以来、圧倒的に洋楽を聴くほうが多かった。
そのため英語も割と頑張って勉強したし、歌詞から英語を学ぶということも多かった。

高校~大学時代はカラオケが人気が定着した頃で、歌う為にJ-POPも聴くようにはなったが、やはり洋楽の方が好きなのは変わらなかった。
日本語の方がわかりやすいし、音楽的には大差ないような気もするのに何故洋楽の方が好きなのかな?と疑問に思ったことも多々。
「日本語で聞くと恥ずかしいような内容でも、英語だとワンクッションあり、かえって素直に聴けるのかな?」と言うのが一つの答えかもしれない。

例えば、Air Supply の Here I Am (Just When I Thought I Was Over You)


サビの部分の歌詞は下記の通り。

Just when I thought I was over you
And just when I thought I could stand on my own
Oh baby those memories come crashing through
And I just can't go on without


日本語訳をしてみるとこんな感じ…

君を超えた(忘れた)と思ったり
ひとりでやっていけると思ったりする時もあるけど
そう思った瞬間、君とのたくさんの思い出が押し寄せてきて…
やっぱり君無しではやっていけない

こうやって書いてるだけで恥ずかしい…

* Category : 音楽

* Comment : (0) * Trackback : (0)

コメント








管理者にだけ表示を許可する

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。